nacure hair

  ナクレヘアー

メニュー

ダメージ毛って?

581 views
約 3 分

今回ハイダメージ毛をウィックで作ってみました。

何度か縮毛矯正の薬剤を試し、アイロンし、ブリーチを何度か行った髪に、酸性の縮毛矯正剤を10分加温して、その後アルカリ矯正剤を10分置いてみました。

ファースト還元の10分加温の状態で髪はぷくぷくとして触った感じもうやばいとすぐわかりましたが、切れてしまうまで置いてみようということでアルカリ還元もしてみました。

結果、もしゃもしゃざらざらダメージ毛ができあがりました。

こうなるとしっかり乾かすまで一苦労です。引っ掛かって絡み、乾かない、ブラシは入らない、、、

矯正剤使うのが怖くなってしまいます…。

ここからどこまできれいになるかということで色々試しました。

やり方は、何パターンも補修剤をつけ重ねたり、アイロン熱や微還元、酸性、アルカリ性、自分が思いつくこと色々試した結果ブラシが通り乾かした時柔らかく仕上がる方法はありましたが、髪が濡れると、くねくねで切れそうな感じは変わりませんでした。

サロンでケアしているブリーチや縮毛矯正でこのようになる事はまずないですが、保護剤なしでのアイロン熱の繰り返し、自宅でのカラー後の縮毛矯正、ブリーチの繰り返し後でパーマなどの薬剤が入ると酸性、アルカリ薬剤関係なくこうなる可能性はあります。

このような状態の髪になってダメなんです。

こうならないためには、普段のホームケアやドライヤー熱の保護、キューティクルが整っている健康な状態にしておくことが大切です。

ヘアーホスピホームケアはお家でキューティクルプチ復元ができるので、毎日シャンプー、トリートメントしているだけで、健康な髪になっていきます。

傷んだ状態を回避することのできる、シャンプー・トリートメントです。

カラー、縮毛矯正、パーマで髪を扱いやすくしたいと考えているのに、やればやるほどぼさぼさ、扱いずらい髪になってしまってる方は、ぜひご相談ください。

キューティクル復元で、ダメージ進行を抑え、ホームケアを見直し、徐々に健康な髪へ導くアドバイスをしていきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE