nacure hair

  ナクレヘアー

メニュー

アロマハーブカラーのカラーチャート

224 views
約 3 分

アロマハーブカラーの特徴は、頭皮や髪に対して非常に刺激が少なく、90%以上が天然成分。防腐剤、着色料、界面活性剤不使用です。強い抗酸化作用、抗菌作用のあるセージや、ビタミンC・パントテン酸・タンニンが含まれるローズマリーやカキハなど、頭皮活性化や髪にハリコシを感じる成分が配合されています。

もう一つの特徴は、通常のカラー剤では2液で過酸化酸素と混ぜるのですが、アロマハーブカラーでは、過酸化酸素を使いません。なので黒髪を明るくしません。酸素を多く含む特別なお水を使って発色・浸透を促進していきます。

当店のアロマハーブカラーの特徴は、明るくなってしまった髪をダメージを少なくしながらトーンダウン(暗くする)する場合や白髪を頭皮に刺激を少なく染めていく(白髪染め)といったカラーに使用します。毎月白髪を定期的に染めて頭皮がひりひりと感じる、白髪染めで髪がどんどん細く弱くなっていくと感じる方には、お勧めするカラーです。

色味に関しても、当店独自の配合で白髪の比率によって、明るく感じるカラーにできます。

白い毛束にはカラーの色味がわかるように。もう一つは白髪率30%程の毛束に染めた場合の色です。

右の2セットはオレンジ系です。オレンジ系が強いと白髪にもなじみやすく明るい感じに見えます。

真ん中の3セットはイエロー系です。赤みを抑えてしっかり白髪をカバーしながらクールな感じに染まります。

左の2セットは、退色後、赤みが出にくい落ち着いたブラウン。

他にも、白髪になじみやすいパープル系や、しっかり真っ黒に染めたい、黒系のちょっと明るく感じるグレー系など、カラーは様々作ることができます。

カラー剤の色味と白髪の比率、髪質などで染まり具合は変化してくるので、実際に染まったイメージはなかなか想像がつきにくいと思います。

自分ではどんな色味がいいのかわからないという方も多いと思います。

その場合は、「あまり暗くしたくないけど赤みが出るのが嫌」、「ちょっと落ち着いた感じのブラウン」「真っ黒は嫌だけどしっかカバーしたい(染めたい)」とか、何となくイメージを伝えていただければお勧めする色味を選ばせていただきます。

毎月、気になる白髪を定期にカバーしていくには、頭皮や髪に刺激の少ないアロマハーブカラーをおすすめいたします。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE